まふじ演技スタジオ<田辺シータス教室><大阪・夕陽ヶ丘教室>
どちらも入所金無料!! 1レッスン制です〜〜!!
✨✨










ご挨拶

まふじ演技スタジオの真藤久峰子です。
いつもお世話になります。

まふじ演技スタジオは2008年11月に和歌山県田辺市稲成町のカルチャーサロンシータスで<田辺シータス教室>を、2012年に大阪市天王寺区で<大阪・夕陽ヶ丘教室>を開講しました。

私どもは、仕事やオーディションを受ける事もありますが、基本的には演技の上達に向けて勉強をする演技の教室です。

現在教室には、プロの俳優、声優、ナレーターを目指す子供さんから演技の勉強に興味を持たれた大人のかたまで、さまざまなかたが通って下さっております。
演技に興味のあるかたは勿論、お子様の習い事として、将来、声優・俳優・タレントを目指しているかたにも
お越しいただきたいと存じます。またタレント養成所や劇団に通われているかたもオーディション合格に向けてレッスンにお越しいただけますと幸いです。

演技は、演技以外でもきっとそうですが一朝一夕には上達しません。演技上達の特効薬は無いと思っております。
手っ取り早く演技を手に入れようとすると、間違った技術(セリフを覚えて雰囲気で演じる)が身についてしまいます。正しい方向を向いて、こつこつ勉強して下さい。
尚且つ習い始めて直ぐに仕事に結びつくと思い込んでいるかたが多いようですが、ピアノやバレエを習い始めて1年で仕事の依頼は来ないでしょう。野球やサッカーも勉強を始めて直ぐにはプロ契約は無理でしょう。それと同じとお考え下さい。
良い演技者になる為には、良い演技とは何かを考え、多くの演技を見、更に考える、そういうことを繰り返していただけたらと思います。

私どものカリキュラムでは、演技の基本(外郎売りでもアメンボアカイナでもありません)を理解していただき、俳優業(演劇 映画 テレビドラマ アテレコ 吹き替え他)、ナレーション、朗読、アナウンス、フリートーク、漫才、コント、落語、歌舞伎、フィギアスケート他に役立てていただく為の 「実感を伴った演技」を教えております。
演技の本質をきちんとお伝えしますのでアメリカなど海外での俳優業を望んでいらっしゃるかたのお役にも立てると思います。是非一度お問い合わせ下さい。

演技の上達以前に、挨拶ができる、他人の思いを想像し大切に接する、遅刻をしない、ルールを守る、感謝をするなど社会人として(子供でも)きちんとした行動を取れるよう指導しております。



まふじ演技スタジオは小さな小さな教室ですので遠回りのように見えますが、そうでもないです。

ぜひ一度いらして下さい。

技術の向上と、より良い表現を求めて。
2012.9.21
真藤久峰子






ここでレッスンしています〜〜
まふじ演技スタジオ
<田辺シータス教室>です。





和歌山で演技を学ぶなら
まふじ演技スタジオ<田辺シータス教室>へ!














〜まふじ演技スタジオ 2018年版 講座ご案内チラシ〜
まふじ演技スタジオチラシ表まふじ演技スタジオチラシ裏

 






















お問い合わせ、そしてお申し込みは090-8237-2531

kaseifu_mafuly@yahoo.co.jp まで!









演技を見るときのポイント2015-600.jpg


演技を見るときのポイントです。

お持ち帰り自由です。










ポイント2-600.jpg


演技を見るときのポイント U(つー〜〜)
です。  













ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)こっから下がブログですー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)              古い記事の中には写真などを削除しているものがあります。ご了承下さい。
スマートフォンでは、改行が乱れて見えることがあります。ごめんなさい。

2016年02月08日

2016.2.8のレッスン(舞台演劇個人レッスン)


いつもお世話になります。

レッスンブログです。



今日は、舞台発表に向けてセリフの稽古をしたいと、お越し下さったかたに個人レッスンをいたしました。


長ゼリフがあり、そこを集中的にお稽古しました。

おうちでは、どのように稽古なさってますか?とお聞きしましたら、
集中できるように、静かな環境を作り、長ゼリフを暗唱しているとのことでした。

一つ前の記事に書いた、「色んな刺激を利用してセリフを入れる(自分のものにする)方法」 もお伝えしましたが、それとは別の方法もお伝えし、教室で一緒に実践しました。


邪魔の入らない静かな環境で、何度も何度もセリフを繰り返し口にして、頭に叩き込んでいく方法も良いのですが、その方法だけを行っていると、何か外的刺激が入るとセリフが出て来なくなります。
















脳科学に詳しい訳ではないのですが、私は、

「覚える」時と、「入れる」時とでは、脳の遣う部分が働いているように思っています。

暗唱して覚えることをしてはダメということではないのですが、演じるときには、そのセリフを暗唱するのではなく自分の言葉として喋らなければなりません。

ですから、自分の言葉として喋れるようにお稽古した方が良いと思います。

















具体的にどうするかというと・・・

出来るだけ悪い環境でお稽古します!   (゜_゜>)(=_=)(@_@;)




















名付けて、
机レッスン〜〜。(+o+)

机レッスン〜〜


目一杯、邪魔をします!

























例えば旦那さんが、「昨日はどんな授業をしたの?」 と私に訊ねたとします。

私は、四天王寺から天王寺に向かう道を歩きながらでも、キューズキッチンでラーメンを食べながらでも、サイゼリヤでミラノ風ドリアを食べながらでも、昨日どんな授業を展開したかを旦那さんに喋れます。
私という役には 「昨日授業をしたという実感」 があるから、幾らでも喋れます。
これが役を生きるということです。


これと同じように、役をきちんと作っておけば、どんな状況にも対応できます。

それをできるようになっていただく為に、机を使います。












カセタニビルには机と椅子がたくさんありますので、それを私と生徒で移動させながら、生徒に長ゼリフを私に喋ってもらいます。

私は生徒のセリフを聞き、「ふんふん」 とか 「へ〜〜!」 とか 「そうなんや!」 などと、合いの手を入れて、ある種、邪魔をします。

その間も机や椅子を、ただただ移動させます。



家では、全てのセリフを間違いなく言えたのに、ちょっと机を動かしただけで、セリフが出て来なくなるーーーー!
と生徒は困っていました。

これを体験していただきたかったのです。
上手くいきました。

そのあとも、延々、机と椅子を意味なく移動させ、セリフを自分のものにしていただきました。














良い環境は本当に良いのか?
至れり尽くせりは自分を育てるのか?


やみくもに実演をしても演技は上達しないというのが、まふじ演技スタジオの考えです。


考えることで、早く上達します。
良かったらお試し下さい。




posted by mafuly at 00:10 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 大阪で田辺でレッスンレッスン〜〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





ひらめきパクさんのリアカーはこちらからひらめき
パクさんのリアカー